仕事上のミスの言い訳は死んでも言うな!それがあなたの為だ!

仕事上のミスの言い訳は死んでも言うな

仕事のミスは誰も経験している言い訳の経験者のいるが決して言い訳をしない社員もいる、正に死んでも言い訳をしない社員なのです、このような社員を上司はどのように判断する、「○○のミスは仕方ないよほどのことが有ったのだろう」この要に判断するのか。

逆に自分のミスを常に言い訳をする社員「あの時はつい急いでいまして」などと言い訳をする、なぜ素直にミスを認めないのか言い訳をしてもミスはミスなのです、気持ち良く言い訳しないで「申し訳ございません」とミスを認めるのが気持ちが良いのです、「あの時はつい急いでいまして」は上司にはまったく関係ない言い訳なのです。

上司が急いで指示した仕事ではないのです、言い訳をする社員ほどミスは多いいと言われています、言い訳ですめば簡単なのです、一方の言い訳は死んでも言わない社員はミスは少ないのですなぜなら心からミスを反省していると思えるからです、言い訳をしない社員は信頼性を認められ社内でも人気者になりやがて幹部社員になることでしょう、言い訳をする社員は信頼性も失いやがて社内にいない存在になることでしょう。

仕事のミスで泣く社員

仕事上のミスの言い訳をしないが困るのが泣く社員だ、泣いてごまかすつもりもないがただ泣くのです、さすがに上司も困る社員です、心得ておきたいのは社内では絶対に泣かないこと泣くのは恥と心がまえをすることです、女子社員が泣いたと聞くことは有るが、最近では男子社員も言い訳をしないで泣くと聞く、家庭環境からなのか解らないがやはり企業も社員を受け入れる時はよく観ることです、スポーツ系の社員が採用されるのは泣かないからなのかと思うのです。

仕事のミスをごまかすな

質が悪いのが言い訳をしないがミスをごまかす社員だ「このようなミスは誰もしているじゃないですか」この要に自分のミスを誰かと比べごまかしている社員だ、このような社員は増加傾向に有る、男子社員であれば駄目社員のイメージはぬぐえないでしょう、このような社員もやがていなくなる社員でしょう、やはり仕事上のミスは言い訳はしない社員が最後に残ることでしょう。

まとめ

仕事上のミスの言い訳をしない社員は必ず報われる、言い訳ばかりする社員はいなくなる、社内では泣かない、泣くのは恥と心得ることが大事です、仕事のミスをごまかす社員は駄目社員、やがて消える社員と心得るべきです、以上でまとめ記事を終わります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です