不倫のできる良い男と女は別れを知っている!

不倫幸福論の不倫の悩み「将来のことで悩む」不倫の恋は今も不幸な恋と世間では観ているよだが、とんでもないことです、良い女と良い男がたまに酒を飲み交わし心地良い会話を交わし烈しく互いの愛を試しあい互いを高める、前向きな恋は必ず男と別れても良い思い出と人生感を与えてくれることでしょう、ふ

良い女は別れ時を知っている

あなたに明日が解かりますか解る人など誰もいません、解ると言う人それはただ予測に過ぎないのではないでしょうか、この世に奇跡的な生を受け終始不倫と言う鎖で繋がれて誰からの愛を受け入れないで去るとしたら余りにも悲しいことではないでしょうか、言わる結婚という障害で自分自身を置き去りにしたに過ぎない気がする、いい男といい女であれば知的で前向きな恋を忘れないでもらいたいものです、昨今では「婚活」が盛んに叫ばれる結婚適齢期の男女が活躍している、ドラマ化されて男性には草食系男子という言葉も生まれている、その要な男が果たして女を幸にできるかいささか疑問です、女のウブは可愛いが男のウブは怖い気がするのです。

不倫の悩み「相手の家族」

それが如何にしたと言いたいところだがそせは決して言えないのです、相手は法で認められた妻子有る男なのです、先ず相手の家族に絶対的に迷惑は掛けられないポリシーを持たなければならないのです、これを不倫のルールとでもいいいましょうか、例え話をすれば女が自分の部屋の合鍵を渡すこれは何を意味する、受け取りした男も渡した女も既に先が観えた恋なのです。

男は別にホームグラウンドを持っているのです、女の部屋を第二のホームグラウンドにすると女のプライバシーに入りこみ自分の憩いの場とすればもはや三流の不倫となるのです、不倫とは互いの立場を認めあい時間を共有することが一番大事なのです、それができない不倫ならばそのものを否定したことになるのです、不倫と二号さんとはまったく違うと私は思います、女は誇りを持ち息抜かなければならないのです、

不倫の悩みお金

不倫幸福論にはある程度のお金がかかります、男は女にお金を使わせないこれは女も同じなのです、良い女は高級レストランよりも公園で缶コーヒーでも飲みながら二人のひと時の時間の方が良いのです、その要な不倫を一流と言えるのではないでしょうか、

不倫のできる資格

結婚し家族を持ち心地よいが生活も中になにがしの癒しを感じる事はありませんか、まったくない、それはとても良いことです、不倫の資格の有る女は一生結婚をしない訳でもない要です、今を自分のリズムで行きたいだけの要な気がします、そのうち成り行きで結婚するかも知れない。

不倫とか不倫でないとか気にせずに乗り越えるその要な自信の有る女のみが不倫の資格が有るのでは、小説を読んでもすべてに置いて純粋で情熱的で行動力が有る女の共通点は孤独が付き物です、しかい彼女達はその孤独をさりげなく受け入れ生きる術を知っている、大事なのは男にノーと言える女なのです、ノーと言える女は可愛いくないと思えるが違うようです、本当にノーと言える女は自分の意思に反してもノーが言えるのです。

おわりに

「さようなら」互いはこの一言で別れができるのです、女は自分を高めてくれた男に感謝し振り向く事もなく消えるのです、なぜなら不倫のリスクを知っているのです、いずれ別れがくる良い女と良い男は互いの為と互いを高めてくれた相手に感謝し別れるのです、この要な不倫のできる男子は幸なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です