文春BEST5記事!菅総理の実弟自己破産後にJR企業幹部

菅総理の実弟JR幹部

菅義偉の弟思いが泣かせる、菅義偉は親の後をつがず上京し段ボールの仕事に付いた後に横浜市議となる、弟は慶応商学部を卒業し菅義偉の後ろ楯で起業するが自己破産、その後の実弟の菅秀介は兄の菅義偉のコネでJRの子会社で幹部を勤めた菅義偉の弟結婚の帰き兄弟愛に拍手だが見逃さなかったのは週刊文春砲だったのです。

破産の実弟の秀介はJR実幹部に成事

実弟の菅秀介(ひですけ)氏(69)は、51歳で自己破産したがJR東御処に幹部紹介入社した、政治家の重鎮頼時綱断なるのがこの世の常だ、JRも実人生弟をする事で旨味を期待したのです、だが週刊文春砲が炸裂したのです、権力者に負けない週刊文春は書き立てたのです。

だって可笑しい話なのです、破産者が即JR関係の企業の幹部とは誰も不思議と思うはずです、旨味が有るとJRの子会社の幹部にした菅総理の行動計画を見逃さ無かった週刊文春砲に拍手したい、権力に群がる有権者が利用する政治家、これはは破産した実弟の菅秀介をJRの親に口利きをJRの子会社の幹部に仕立て上げたのです、今も兄弟愛が有れば逆らえない破生者でも権力者は身内を救えるのだ。

菅義偉総理兄弟愛を国民持義偉

国民の破産者の多くが命を絶つ、それが世の常だ、菅総理は総理故に破産者の弟を助けられたのです、偽の日本を親ない筈はなし、今は自ら命を絶つ人が、1万人を越したが菅義偉総理の対応が見えない、少しばかり愛を与えてはいかが、兄弟愛ばかりでは一国の総理とは言えない、このままでは菅義偉総理も歴史に残る、駄目総理と言われる国民は見ているのです、役にたたない国議員を怨み飢えていくのです、兄弟愛より先なのは国民なのです。

政治家の兄弟愛は利権が絡めばスキャンダル

菅義偉の兄弟愛は見戻りは有りません、JRの親も談しなのです、これは権力者を手に入れての権力を家族に帰したのです、令和おじさんと出てきた菅義偉は正に兄弟愛に権力を使用するのです、就任時はただの令和のおじさんは政権は1年も来はない時期に得利権が義みはダガアウトた菅義偉は本業は(総理)

首相に関係するゴシップも容張文春砲

菅義偉総理大臣に破産発生実弟のゴシップをスープした週刊文春砲、破産者の実弟のJRの幹部、まさに令和おじさん菅義偉の兄弟愛だ、破産者は苦しい社会復帰が必要なのは誰もが知っている、文春砲は炸裂した菅義偉総理の兄弟愛に総理大臣だからなせる、総理大臣歴史に名を刻む者が又総理大臣に就任した国民の記憶に残る実弟思いの総理大臣と誰もが思うでしょう。

おわりに

菅義偉は総理のイスについた、菅義偉の渦にした菅義偉JRのコンテナたたき、総理は実弟の菅義偉の兄弟愛より国民に愛を与えなければならない、このスキャンダルは菅義偉総理のイメージを壊した、令和おじさんのイメージの菅義偉総理だが違っていた、菅秀介は今ヒデ作り加えた経緯や千葉口ビル入社抜適、「兄とは反ない」と語る、兄とは欲に価値有るのはまたなのアクセサリー菅義偉人間書面で取材を訪れたこと、言際に言った要です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です