「菅さま一言」内閣広報官の山田真貴子が5000万手にした!

山田真貴子広報官「菅さま」で5000万手に

内閣報道官の山田真貴子は菅総理の意に反し即辞任を選択した、怖かったのは国家公務員倫理法違反で処分されることだった、菅総理は当初は内閣広報官の山田真貴子の辞任は有り得ないとコメントしていたがあくる日の記者会見には内閣広報官の山田真貴子の姿は見えなかった。

山田真貴子は体調不良で即入院を決めた、これは何を意味するのか彼女が恐れたのはを国家公務員倫理法違反で処分されることだったのだ、体調不良で辞任と国家公務員倫理法違反は大きく異なる5000万を手するには辞任が最高の選択肢なのだ実にシンプルな方法だが見事に辞任は認められた、それは菅総理の長男に対する「菅さま」が大きく関係していると思えるのだ、菅総理も長男を「菅さま」と呼ぶ内閣広報官の山田真貴子に不快感は持たないのは明らかだ、菅総理は山田真貴子の辞任は有り得ないとコメントしていたが意に反した内閣広報官の山田真貴子の辞任を認められたのです、これにより山田真貴子広報官は見事に退職金5000万円を手にしたのです、民間企業では有り得ない裏技はいとも簡単に成功したのです。

山田広報官は国家公務員倫理法違反を見事すり抜けた

「菅さま」と呼び長男の企業東北新社幹部から7万円あまりのステーキなどの接待を受けていたのです、更にNTTからも接待されていたことが週刊文春砲に報道されたが、山田真貴子広報官はこの接待疑惑も簡単にくぐり抜けたのです、総務省は情報流通行政局幹部ら11人を国家公務員倫理法(規程)違反で処分したがここには山田真貴子広報官の姿はありませんでした、見事に事件制をさっちした山田真貴子広報官が辞任でくぐり抜けたのです、国会野党は山田真貴子広報官の事情聴取と迫ったがもはや彼女は民間人なのです誰も彼女を攻めることはできないのです、仮に山田真貴子広報官が辞任(体調不良で入院)していなければ国家公務員倫理法(規程)違反で処分されたことでしょう、見事な行動力に拍手はしないが官邸や霞が関官僚には不信感がつのるばかりなのです。

霞が関を退職した者を処分できない

山田真貴子広報官が辞任した理由としては辞任をすれば5000万も手にできる、しかも役所霞が関を退社すれば処分の対象にならないのを上手く利用したのです、山田氏の総務審議官時代の月給は110.7万円で年収約2190万円で夫と合わせ3500万円を超える世帯年収が有ったのです、当然一般の会社のサラリーマンとは大きく違うのです、住宅ローンなどはとっくの昔に終わっているはずです、公務員倫理法違反もくぐり抜けた山田真貴子広報官は菅総理により再就職も簡単なのです、(再就職する必要はないかも)そう考えると一般の会社でシングルマザーが哀れでならないと思うのは私し一人ではない要です、

霞が関と国会議員の不祥事が多すぎる

国会議員も霞が関も金銭問題のスキャンダルが多すぎる数え切れないほど多く有る、阿部長期政権がもたらした付けんなのか人間力の喪失なのかバレナイなら良い、倫理観が欠如した政治家と官僚達将来的にこの国は如何になるか心配する人が多くいる、優秀な人材は霞が関には遠慮すると言われている、政治家に頭を下げる事が嫌と言う、更に不祥事が多すぎ理解できないと言う、今からでも金銭問題でスキャンダルは多くでる、なぜならば菅総理の官僚人事の締め付けでリーク合戦が始まっているのです。

まとめ

「菅さま」と呼ぶ山田真貴子広報官が辞任した、体調不良で入院で辞任が認められた、菅総理は山田真貴子広報官が辞任は有り得ないとコメントしていたが辞任した、見事に退職金を全額5000万を手にした、霞が関を辞めた人物は処分できないという規定を上手く利用した、確かに金銭的には良いが彼女の人格形成には疑問を持たざるを得ない、この要な人物の集団が霞が関とは思いたくないのですが、真面目に業務を遂行している人物がいる事を信じたいのです。

ネットトレンド入り

「さすが上級国民」「めっちゃ豪華なもんばっか食べてたからもういいやん」と指摘をする声があがったほか、「退職金5000万円ほしいが、すべての飲み会を断る男なので無理」「私達国民に対して一律給付金を配ってください」とする声もあった!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です