一目惚した男女の不倫は女に幸は有るのか?

不倫

互いに一目惚れした男女に不倫は危ない

一目惚れした男女はやがて不倫に陥る、その時期は男も女も最高に幸です、やがて男は女の部屋に頻繁に出入する、女は惚れた男に合鍵を渡す、これが悲劇の始まりなのをあなたは理解できますか、不倫は否定はしないのですが合鍵を渡すことが駄目なのです、女は男が帰るのを悲しむのです、妻子有る男の多くはマイホームに帰るのです、にもかかわらず女はやがて男は離婚し自分の元にくると期待するのです。

良い男は彼女のホームグラウンド(部屋)の鍵は受け取らないのです、独身の女に何時新し恋人が現れても良いと理解しているのです、互いに一目惚れした男と女はいつまでも不倫を引きずり女はやがて年増の女になるのです、その後の二人の運命はどん底の人生が待っているのです、良い女の話を聞いたことがあります、男の歯ブラシは置かないそうです、男は近くの公園で歯を磨き帰宅か出勤をすると言うのです。

この要な不倫ができる男と女は不倫の資格は有ると思いませんか、一目惚れし成り行きで任せで不倫を始めた馬鹿女と男にはとても理解できないと思います、女が不倫をする相手は良い男を選べきなのです、良い男はイケメンと言う意味では有りません、自分を高めてくれる男なのです。

不倫には別れの時期が有る

良い男は不倫の相手の女の幸を願う、だから別れ時期を知っている、互いにすべての置いて高めた教養が有る、すなわち粋な別れとでも言いましょうカ、別れ時を知っている男は女に「そろそろ別れましょう」その要な言葉を切り出す、女は「わかりましたよ」と互いに女の部屋を出る、近くの喫茶でお茶を飲みながら思いふけるが未練は残さず店を出る、「では」と言い互いに違う方向に歩き始めるのです。

良い男と良い女の別れなのです、この要な不倫を資格ある男と女でなかければできないのです、あなたが今不倫をしていれば一度は男を見つめてみてはどうでしょう、一目惚れし都合の良い女になっては悲しすぎますよ、自分を高めてくれた良い男なのか悲しむ前に見つめる直して見てはいかがでしょう、人生は短いのです悲しいを引きずり生きてはいけません。

別れた女には何もできないのが男

不倫

例え良い男でも別れた女には何もできないのです、それが不倫と理解しなければ資格はないのです、だから今まで自分を高めてくれた良い男に感謝しかないのです、今不倫をしているあなたの不倫相手は良い男なのですか、別れたら男は何もできないのです、それをしっかり理解するべきなのです、「別れても好きな人」はなのも意味が無いのです、ただ自身を高めてくれた良い男に感謝できるかどうかがすべてなのです、「別れたら次の人」良い男を見つけて術をあなたは知っているはずです、一目惚れの恋は終わりました。

おわりに

不倫は素晴らしい文化と言った人もいましたが間違いではないと思います、だが良い男は別れを知っているのです、女の幸を願って別れるのです、一目惚れし愛し合い女の部屋に入り浸り更に鍵さえ受取る男は駄目と思います、良い男の話をもう一度します、歯磨きを公園でする、その要な男を良い男と私は思います、別れも素敵な別れをします、駄目な男は何かと結婚を匂わせ引きずり最後は逃げるように別れる、悲しむのは女だけなのです、今一度不倫を考える良い女になりましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です