池江璃花子100バタ見えた東京?璃花子はパリだ!

池江璃花子100バタ璃花子はパリだ

日本競泳選手権、五輪代表選考を兼ねた100mバタフライ池井璃花子が予選2組に登場し58秒68同組1位で泳いだ、白血球から復帰した池江璃花子は目標はパリ五輪と公言していたが、東京五輪代表が見えたのです、今回の池井璃花子の記録は彼女が満足している記録ではないのは明らかなのです、2018年8月11日パンパシフィック水泳選手権で池江璃花子は56秒08の日本記録所持者なのです、2秒も遅いタイムなのです日本記録のタイムで泳ぐとぶっちぎりの優勝なのです、

その他の池江璃花子の日本記録は50m自由形、100m自由形200m自由形と個人記録保持者なのです2018年ジャカルタ、アジア大会ではMVP6冠達成は女子スイマー初で璃花子の大会と言われています。

世界と戦えるスイマー池江璃花子

池江璃花子は世界と戦うスイマーなのです、バタフライ世界記録は55秒48サラ・ショーストロム(スウェーデン)が2016年8月7日リオデジャネイロオリンピックで世界記録で泳いでいます、池江璃花子は病気の前は高地トレーニングでは世界記録を上回る記録で泳いでいたのですが突然の病で東京五輪前の今は58秒台で泳いでいます、彼女には満足している記録ではないのです。

池江璃花子が目標はパリと言う意味が良くわかるのです、「本来ならば世界記録は私」と言っているのです、世界と戦うスイマー璃花子にはとうてい満足している記録ではないのです、私が見たいのはベストの池江璃花子を見たいのです、今の記録では世界と戦うには遅いのです、池江璃花子は世界記録を上回るタイムで泳ぐことができるスイマーなのです。

世界が認めるスイマー池江璃花子

池江璃花子が1年以上にわたる白血病の治療を受けた後「競泳に戻ってきた」とカナダ「CBC」は大きく伝えた、アメリカの「Swimming World」は日本のスタースイマー池江璃花子が白血病から見事に復活した更に「勇敢な新章が始まる」とスイマー池江璃花子を絶賛した、この記事は世界を駆け巡った、池江璃花子は東京五輪も良いがやはりパリだ世界が驚く世界記録55秒08を塗り替える女子スイマーは池江璃花子しか見渡せないのです。

璃花子が登場し58秒68同組1位で泳いだと言うユースは世界のスイマー池江璃花子のユースではないのです、この大会に池江璃花子はコメントしている「私の中では日本選手権に出場できたことが大きい、他の選手よりは楽に楽しめると思う」彼女は確実にパリを目指している。

まとめ

池江璃花子が日本競泳選手権、100mバタフライに登場し2位の記録で東京五輪の出場権を得るかも知れないが池江璃花子は世界と戦う女子スイマーなのです、タイムも58秒68は本来の記録よりも2秒近く遅い、白血球を克服した池江璃花子はパリで金を目指している、今は練習なのです、池江璃花子は東京五輪の出場タイムをクリアした、これはニュースでは有りません、璃花子のユースは世界記録更新55秒48サラ・ショーストロムを上回る記録を出すことなのです、彼女は世界記録を上回って泳いでいたのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です