福岡に変異ウイルスが確認「まん延防止等重点措置」見極める?

大阪や東京で異変ウイルスが急拡大している、福岡はどうなると思われたが福岡に156人の新型のウイルス異変種感染者が見つかる「まん延防止等重点措置」を直ちに適用するべき今後の状況を見極める暇は有るのか?。

福岡県は状況を見極めたい

福岡県変異ウイルス「まん延防止等重点措置」

異変種は確実に福岡県に拡大するのは明らか、見極める暇はないと思われる、大阪を見れば解る知事が判断が間違えたのだ、新型のウイルス異変種を甘く見たのだ、大阪市は医療崩壊になっている大阪市はまさにロックダウン状態の市民の移動を制約する、医療崩壊になれば仕方ない大阪市を見れば解る早目に福岡も「まん延防止等重点措置」を適用するべきだ、現在の大阪市が2週間後の福岡にならない保証はない遅れてはならない、ワクチン打ってるわけでもなく普通の生活に何も規制ないなら福岡市も大阪市のように1000人を超える新型のウイルス異変種感染者が出るのを市県民は怖いのです。

どんたく港祭り、聖火リレー大丈夫

福岡市はどんたく港祭りや聖火リレーが始まる、どんたく港祭りのパレードは見送りしているが伝統を継承するための「地域の祭り」と位置づけて、コロナウイルスに対する予防策を講じたうえで従来の行事を縮小して開催し、地域の元気を取り戻したいと考えていると言われているがこの対応は良いのか疑問だ、聖火リレーも規模を制約しするべきだがいまだに何も聞こえないのが福岡市民は不安だろう、このままでは大阪市と同じになる、福岡市には大阪市や東京から多くの人が訪れる、どんたく港祭りのも制約は有るようだが怖い話だ。

 服部知事の試練を見ている

新知事の服部知事はどのような新型ウイルス異変種対策をするのは見ものだ、副知事としての経験が有るが知事と副知事では違う、服部知事は福岡の感染者150人を超えた状況を見極めると言うがこのウイルスとの戦いはスピードが一番大切なのです、ノロノロしていると大阪市と同じく医療崩壊は避けられない、市民は見ている服部知事の試練を「まん延防止等重点措置」を遅れてはいけません。

まとめ

福岡県に新型変異ウイルス感染者が150人と発表された、あらためて新型のウイルス異変種の感染力が凄いか知らされた、福岡県は今の状況を見極めると言うが福岡市にはどんたく港祭りや聖火リレーが待っている福岡県知事が変わった、服部知事はいつでも「まん延防止等重点措置」をだすのか見極めると言うが時期を間違えると大阪市と同じく医療崩壊が始まる、スピード感を持ちウイルスとの戦いをお願い致したい、市県民にそれほどの危機感を感じないのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です