紀州のドン・ファン遅すぎた元妻須藤早貴の逮捕!

紀州のドン・ファン

資産家の紀州のドン・ファンこと野崎幸助さん(当時77)の不番死で元妻須藤早貴が逮捕された、事件から3年遅すぎた紀州のドン・ファン、事件は今日3年ぶり解決しそうだ。

紀州のドン・ファン事件

2021年4月28日(3年前)紀州のドン・ファンと呼ばれた会社社長が急性覚醒剤中毒で死亡した、事件現場の自宅には元妻須藤早貴(25)とお手伝いの二人しか自宅にはいなかった、元妻は3か月前に結婚したばかり、しかもドンファンよりも55歳も年下だった、誰もが元妻が事件の関係者と思った55歳も年下の女性がお金目的で結婚し事件を計画し実行した思ったが事件はなかなか解決しなかった事件の解決は3年もかかり今日遅すぎたが元妻が逮捕された死因は急性覚醒剤中毒。


紀州のドンファンも元妻も覚醒剤と無関係だっのです警察は死因は覚醒剤だから元妻の覚醒剤関係者を徹底的に調べたが元妻の関係者から覚醒剤の関係者は現れなかった、しかも元妻にも覚醒剤の使用はなかったのが事件解決を遅らせた、事件解決を決めたのは元妻がインターネットで覚醒剤について調べていたことなどがわかったのです、ドンファンが覚醒剤を摂取させられたとみられる時間帯には元妻須藤容疑者しか自宅にいなかったのが決めてになり今日逮捕されたのです、

ドン・ファン遺言書は全財産を田辺市に寄付

紀州のドン・ファンは生前全財産を田辺市に寄付をすると遺言書を残していた、この遺言書に異議申し立てをしていたのが元妻の須藤早貴でした、55歳も年下の女性が結婚相手を選ぶとはお金目的としか思えないのですが事件は解決しなかったのは覚醒剤の使用は誰からもでなかったからなのです、元妻の誤算は遺言書だったようです。

異議申し立てをしなかったら事件解決は更に遅れたかもしれません、警察は元妻の妻須藤早貴が関係していると確信したのが遺言書の異議申し立てだったのです、覚醒剤と元妻の関係を調べるのが事件解決のすべてだっのです、警察はつかんだのです、インターネットの覚醒剤を調べた元妻をこれが逮捕の決めてになったのです、遺言書に異議申し立てをしなかったならば事件解決は更に遅れたかも知れませんが遅すぎた紀州のドン・ファン、事件の元妻が逮捕された。

不自然な結婚元妻年齢22歳

事件が報道され一番に思ったことは不自然な結婚でした、55歳も年下の女性が結婚を決めるとはお金目的と誰もが思うはずです、相手は紀州のドン・ファンと呼ばれる資産家です、事件解決は簡単に終わると見ていましたが解決しなかったのは死因が覚醒剤だっのです、誰も覚醒剤にかからった事実はありませんでした。

何者かが紀州のドン・ファンに覚醒剤を摂取させられて殺害されたとみて捜査を進めていました、その結果、野崎さんが覚醒剤を摂取させられたとみられる時間帯には須藤容疑者しか自宅にいなかったことや、事件前にインターネットで覚醒剤を調べたことで不自然な結婚も解決したのです。

紀州のドン・ファンとは

紀州のドン・ファンの貧しい生い立ち、1941年、和歌山県田辺市に7人きょうだいの3男坊として生まれる、実家は決して裕福ではなく、中学を卒業すれば働くのが当然、というような環境だった、ドンファン自身も地元の中学を卒業後、すぐに働きに出る。酒造メーカー訪問販売員、金融業など様々な商売を手掛けたという。

金持ちになることを目標に働いたドンファン巡り合ったのは、当時はまだ物珍しかったコンドームを訪問販売する仕事だった。「紀州のドンファン 美女4000人に30億を貢いだ男」に記されているのは、夫が留守の家を訪問し、主婦を相手に「実演販売」をしてみせた、という仰天エピソードだ、当時はまだ20代。体が動くままに働き、当時のサラリーマンの月収の3倍は稼いだという。

まとめ

「紀州のドンファン 美女4000人に30億を貢いだ男」著書を発表しています。紀州のドン・ファン事件解決をしましかがお金がもたらした事件です、お金お金で生きた紀州のドン・ファンの生き方は果たして幸なのか疑問を感じる、最後は55歳も年下の女性と結婚した紀州のドン・ファンの生き方にどこにも幸は感じられない、終わりは覚醒剤を摂取させられ死亡、このような生き方が幸とは思えないのですがいかがでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です