5月4日みどりの日の由来が面白い

5月4日みどりの日の由来が面白い

みどりの日の由来

みどりの日の由来は1986年当時の労働大臣山口敏夫のアイデアなのです、5月3日は憲法記念日で5月5日は子供の日なので3連休にはなりません「飛び石連休」と言われていましたが5月4日を祝日にすれば国民は喜び自分の人気も高くなると5月4日は「国民の休日」という訳の判らない祝日になったのです。

4月29日「昭和の日」

昭和が終わり平成時代になりそれまで「天皇誕生日」だった4月29日が祝日でなくなります、そこで「昭和の日」として祝日に残そうとの動きが多くありましたが当時の、政界野党の反対が強く仕方なく「みどりの日」ということになりました。

その後再び「昭和の日」を制定しようではないかという国会議員の希望が強くうごき2000年にはいり4月29日を「昭和の日」(天皇誕生日)にしたのです、政治家も3連休を望んでいたのかも知れません、そこで「みどりの日」があまります訳がわからない「国民の休日」の代わりに5月4日を「みどりの日」に付けることにしたのです。

平成は終わりました祝日12月23日は?

上皇さま誕生日の12月23日、将来は祝日になるでしょう「平成の日」にスマホのカレンダーを見たら12月23日が赤くなっていないのに気付いた人も多くいるでしょう、明治天皇の誕生日は「文化の日」、昭和天皇の誕生日は「昭和の日」として続いています、平成の天皇だった上皇の誕生日は将来、「平成の日」として祝日に復活するのは間違いないと思います。

少なくとも上皇陛下がご存命中に議論をするのはあまり好ましくないと話しています、昭和から平成への代替わりは、昭和天皇の崩御に伴うものだったが、今回は生前退位によるという事情が影響しているらしい、ただ大正天皇の誕生日の8月31日は盛夏期であることから10月31日を祝日としていたが、現在は残っていなのです。

まとめ

休日「文化の日」は明治天皇の誕生日1986年当時の労働大臣山口敏夫のアイデアが3連休にした、昭和天皇の誕生日が「昭和の日」「みどりの日」はあまった「平成の日」は上皇陛下がご存命中に議論をするのはあまり好ましくないと言われているが将来的に「平成の日」12月23日は休日に違いないと思われます又大正天皇の誕生日が祝日にないのが不思議です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です