酒井法子が次はツイッター!その前にワクチン接種協力したら?

酒井法子ワクチン接種協力

執行猶予が開けた酒井法子ワクチン接種協力するべき

酒井法子(50)は09年8月覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され今後は「介護の仕事を前向きに勉強したい」と言い執行猶予が開けたのです、芸能界引退を示唆していたが酒井法子はがユーチュブ「酒井法子チャンネル」を始めていたが次はツイッターを開設する、酒井法子は介護の勉強を短い時間でもしている、しかも注射は経験者だ今日本にはワクチンの打ち手が不足している菅総理は7月まで国民にワクチン接種が終わると言っているが大変むつかしいのです、約10年を経過したが介護の仕事は辞めたようです、せめて今回は経験を活かしてワクチン接種の協力を願いたい。

酒井法子は介護の仕事しなかった

「介護の仕事を前向きに勉強したい」と覚せい剤取締法違反罪で有罪判決を受けた酒井法子(45)が、芸能活動を本格化させている、今後はユーチューブとツイッターを始める2016年には公式ファンサイトをオープンしファンクラブが7年ぶりに再結成されるほか、9月22日には単独コンサートが16年ぶりに行われ1200人動員予定と報じられている。

ネットでは「介護の仕事はどうした」といった文言が長々と連なっていて、芸能活動ではなく世間との約束を果たしてほしい、といった意見ばかりが目立つている、酒井法子の覚醒剤取締法違反容疑で逮捕は世間は忘れていないようです、したがって酒井法子は経験からワクチン接種の協力をするべきだ確かに問題はあるが、意思と行動は示すことだ介護の仕事をすると執行猶予を受けたのです、忘れえはいけません。

創造学園大に特待生で介護の勉強

ソーシャルワーク学科の遠隔授業を受ける学生となった酒井法子は執行猶予が開けた酒井法子は介護の仕事はしなかった12年11月24日に都内で芸能界に復帰するとの記者会見を開き、自身の職業を「女優」と答えた、復帰する理由を「生きていくことに、ただただ一生懸命でした」とシングルマザーの辛さをにじませたが大方の人は納得していなかった、当然だろう多くのシングルマザーが医療機関の介護で頑張っている、酒井法子は今回は医療機関の介護に協力するべきだ、世間の目は変わるツイッターもユーチューブもいいが忘れてはいけない執行猶予を受けたことを。

酒井法子に世間の声

「介護職やるから減刑なんじゃないの?口から出まかせだったってこと?」
「やっぱり介護は稼げなくてバカバカしいですか?」
「この人は中国人気があるから強いね。まあ介護なんてやってられんわな」

このような酒井法子に対する批判が起きている、確かに執行猶予は「介護の仕事を前向きに勉強したい」が検察官に響いた、今コロナウイルスで打ち手が足らない、酒井法子なら打てる経験がある、問題もあるが意思を示すことが大事だ。

まとめ

酒井法子が過去を忘れツイッターやユーチューブを始めている「介護の仕事を前向きに勉強したい」と執行猶予を受けたが介護の仕事はしなかった、理由は「生きていくことに、ただただ一生懸命でした」と女優に復帰した、世間は忘れない、せめて今回は日本全土が新型コロナウイルスでワクチン接種の打ち手が足らない、酒井法子は経験がある、協力と行動を見せるべきである同じシングルマザーの介護女性は頑張っているのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です