阪神の佐籐輝早くも10発異次元のスイングはミスター超え!

佐藤輝、異次元、ドラ1、

10号ミスターも番長も超えた

佐藤輝10発はミスターも番長も超えた、佐藤輝は33試合目で到達し、記録を更新、2リーグ制以降では、59年桑田武(大洋)の27試合目、50年戸倉勝城(毎日)の32試合目に次ぐスピード到達となった、記録の瞬間は「DeNA-阪神」(7日、横浜スタジアム)阪神ドラフト1位の佐藤輝(近大)が10号ソロを放った。1-0の四回先頭、内角高め速球を振り抜き、右翼席上段へ突き刺した、試合33試合10号目だった、ヤクルト・村上、山田に並ぶ本塁打トップで、打点は26打点で巨人・岡本と並びトップとなった。

プロ野球の選手のなかにもホームランバッターはいるがスイングの速さと体感の凄さは他球団のホームランバッターと違う、首の太さはそうとう鍛えている、佐藤輝は新人王とホームラン王のタイトルを取るでしょう、その訳はインコースを攻められると打てないと言っていた解説者がいたが問題なく身体を上手く開いてバットに乗せフルスイングができるインコースに問題はない、アウトコースもフルスイングとライト打ちができるのです、阪神タイガースはドラフト会議は大成功したですね。

佐藤輝は物が違う異次元のドラ1

佐藤輝に注目したドラフト会議だっが阪神タイガースが射止めた、過去にもドラフト会議で競合したスラガ―はいた、清宮幸太郎もドラ1選手だ、ホームランバッターに違いないが者が違いすぎるのです、フルスイングをするコースを佐藤輝はインコースもアウトコースも高めも低目もできる選手です、清宮幸太郎を例にすれば解る。

彼がフルスイングをしてスタンドに運ぶ玉の種類は限られている、要するにバッターとして佐藤輝は物が違う異次元の選手なのです、最近のスポーツ選手は上手い、凄い、早い、だけでは通用しないのえす、異次元と言われる選手が物が違うと言われるのです。

佐藤輝に並ぶ多種目の異次元の選手達

バスケット選手の八村塁、テニスプレーヤーの大阪なおみ、スケーターの羽生祐基、ゴルファー松山英樹彼らが異次元の選手と思われる、なぜなら努力が半端ない、怪我をしてもよみがえる、プロ野球の佐藤輝の負けない異次元制を持つ選手達だ、プロの世界では上手いでは駄目です、異次元の選手と言われてなければならない、なぜならプロ選手はお金をもらう、プレーを見せなければならない、そのプレーは誰もができるプレーでは異次元の選手とは言われない。

プロゴルファーの松山英樹がマスターズで優勝したが彼は偶然にも優勝したのではありません、異次元と言われる練習をした要です、プロ野球選手の佐藤輝も首を見れば解る、太い首は異次元と言われる練習をした証拠と見える、佐藤輝は今回10号のホームランを打ちはらったが、まだまだこれからだ異次元と言われる選手なら目標を高く持つことだ、妥協はプロ選手には敵と思わなかければならない、妥協を超えると異次元の世界が見えるのです。

まとめ

佐藤輝が最速33試合目で10発のホームラン、ミスターも番長も超えた、阪神タイガースは良いドラフト会議だったようだが佐藤輝には異次元と言われる選手になってもらいたい、メジャーリーグに移籍した大谷翔平がいるが彼は異次元の選手とは言えない。

アニメの中の選手だ、佐藤輝には阪神タイガースを優勝させる力が見える、フルスイングが凄い、どのコースもフルスイングができる、インコースは駄目と言われたが佐藤輝にはできる身体を開くコツを掴んでいる、アウトコースも甘い球はフルスイングでスタンドインできる、流し打ちもできる、10号を通過したが今から阪神タイガースの優勝の為に異次元と言われる選手になってもらいたいものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です