猪瀬直樹オリンピック錦織圭に苦言フエアーでない?

猪瀬直樹

猪瀬直樹はテニスはオリンピックよりもウィンブルドンなど四大大会があって五輪は昔から重要視されていない、だから錦織の感染対策が十分とは言えないの発言をフエアーでないとコメントした。

錦織圭の発言はフエアーでないの

錦織はマイナーな競技のオリンピアンであれ、メジャーな競技であれ、自分たちがオリンピックで競技することで日本国民に迷惑がかかることがあってはならないと言う主旨で錦織圭は発言している、又オリンピックで安全安心な大会にするための対策が開幕まであと73日と迫った時点で明確に政府や組織委員会から発信されていない状況では危険と述べている。

更にアスリートのことだけを考えれば、オリンピックは開催した方がいい、五輪出場が悲願の選手たちに理解は示すが「どのような話し合いが行われているのか、どんな(感染対策の)バブルができるのかが分からない」と、東京都や組織委員会から発信が少ないことに戸惑いは大きいと錦織圭は述べている、この錦織圭の言葉を猪瀬直樹はフエアーでないと言えるのでしょうか。

錦織圭オリンピック感染対策に疑問

錦織圭

錦織圭の発言にある、どのような話し会いが行われているか誰も解らない、感染対策はどうしてするのか、錦織選手は100人規模のテニス大会と1万人規模の選手団が参加するオリンピックの規模の違いを説明したうえで発言しているのです、命よりも大切なものはない。

当然で当たり前のことを自然体に語ったのです、1万の外国人を受け入れる体制はできるのか東京都はいまだにウイルスの感染者が増加傾向にあり、3度目の緊急事態宣言下にある東京都でオリンピックは開催は正しい思考では有り得ないのですが政治的思惑が開催に導いているようです。

東京オリンピックは安全とは思えない

選手団の安全安心対策も大事だが外国からやってくる選手以外の数万人の外国人に対する安全安心対策はどうなっているのか、これも解らないのです、また東京都に毎日やってくるであろう観客20万人に対する観客数をどうするのかさえ組織委員会は明らかにしていないのです、安全安心対策はどうなっているのか、という問題点を錦織選手は問題提起しているのです、なにもテニスはオリンピックではメジャーではないので意見を述べているのではないのです。

1万m日本記録保持者の新谷の意見も錦織圭と同じ
新谷仁美

新谷仁美は「個人の意見」として「アスリートだけが特別という形で聞こえてしまっているのが非常に残念、どの命に対しても大きいや小さいはまったくないので、アスリート、五輪選手だけがというのは私としてはおかしな話だなと思うと述べる。

又優先順位をつけること自体がおかしな話です、国民であってもアスリートであっても、どの命も守らなきゃいけないものなので平等に考えていただきたいと述べている東京オリンピックはまったく安全性が担保されていない、この意見も錦織と多いに共通している。

おわりに

アスリートもオリンピックだけが活躍の場でない、錦織圭も日本人と世界からくるアスリートや選手以外の人々の安全を心配している発言なのです、猪瀬直樹の錦織圭はフエアーでないは論外なのです。

元東京都知事オリンピック招致をに努力した猪瀬直樹の発言とは思えない軽い発言、猪瀬直樹は東京オリンピックは中止せよと発言するかと思いきや何と最悪の発言をした、やはり猪瀬直樹は駄目知事だったようです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です