大坂なおみ報道活動に応じない自分を疑う人前に出たくない

大坂なおみ

大坂なおみ記者会見に応じない

女性テニス界の大坂なおみは世界最高額の年収約60憶をテニスで稼ぐ大坂なおみが30日からフランス・パリで開幕する四大大会、全仏オープンで記者会見に応じないと明らかにした、彼女の言い分は「アスリートの心の健康状態が無視されているような気がしてならない」

「自分を疑うような人の前には出たくない」と訴えている、この大坂なおみの発言に男子テニスプレーヤーのジョコビッチは「記者会見のプレーの一環と言っている」又錦織圭も「プロモーションの一環として選手がやらなければいけないことの一つ」と述べている。

大坂なおみの言い分

テニス選手は、ツアー大会などで試合後にコート上のインタビューや記者会見に応じる「何度も同じ質問をされ、疑念を抱く質問を受けることも多い」「敗戦後の会見場で泣き崩れる選手を映像で見てきた」と精神的な負担を強調している、テニスでは会見を拒否すると罰金を科されるのが通例だが「会見しなければ罰金だと言う統括組織は、選手の心の健康状態を無視している」と非難したしたのです、大坂なおみに同調意見もあるようですが、プロスポーツ選手は負けてもインタビューは受けるべきではないでしょうか。

大坂なおみに思い出した欲しい昔

大坂なおみ昔は豊かな暮らしをしていませんでした、テニスの練習もごく普通の市民コートで専門的なコーチも付かず姉と練習をしていたと聞いています、父のコーチを受け日々練習をした要です、その大坂なおみがトッププレイヤーに登り積めたのは彼女一人ではないのでないでしょう。

マスメディアも大きく扱い彼女はテニス界では世界トップクラスの地位を築き上げたたのです、負けた時のインタビューはどのような競技の選手もインタビューは受けたくないはず、大坂なおみは今一度昔の自分を思い出すてもらいたいものです、ジョコビッチや錦織圭のようなコメントが将来的に聞きたいのもです。

会見しなければ罰金

大坂なおみは罰金覚悟で会見に応じない姿勢を見せた「私が払うことになる高額な罰金がメンタルヘルスの慈善活動に寄付されることを願っています」とも述べているが、これは少しばかり違うのでは大金を稼ぐから言えるのでしょう、大金を稼ぐスポーツ選手は沢山いますが多くのプレイヤーは負けても相手を称えるています。

これがスポーツマンの基本と思われます、大坂なおみはなにかを忘れているのではないでしょうか、スポーツマンに限らずビジネスの世界で成功した人物の多くはお金ですべてを解決する人物は一流とは言えません。

まとめ

大坂なおみは四大大会、全仏オープンで記者会見に応じない意向を明らかにしました、過去に例のない発言に一流テニスプレーヤーからも会見はプレーの一環だよとコメントしています。

大坂なおみ(日清食品)は女子最高額の年収5520万ドル(約60億円)を稼ぐテニスプレーヤーに成長しました、勿論テニスの賞金ばかりでは有りません、スポンサーからの応援金も多いいのです、お金を払い(罰金)取材を受けないのはどうやら間違いのようです、昔の自身を思い出してもらいたいものです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です