平野歩夢オリンピック平昌「ダブルコーク1440」が忘れない!

2018年2月平昌決勝「ダブルコーク1440」

平昌(ピョンチャン)スノーボード男子ハーフパイプ決勝で噂の空中技「ダブルコーク1440」を平野歩夢は世界に初披露しました、その技は美しく高く舞い上がる美技はスノーボードフアンのみならず初めてスノーボーダーパイプを見た人々を魅了さたのです、もちろん私もその一人です。

平野舞夢の高く舞い上がる姿は美しく世界のスノーボードフアンは他の惑星から来たスノーボーダーと平野歩夢を絶賛したのです、得点は審判は95.25を付けたのです、平野歩夢の大技の「ダブルコーク1440」を始めて見た世界のスノーボードフアンは100点と言ったのです、その光景はいまでも思出されたます、その後男子のみならずスノーボードハーフパイプのフアンは大きく増加し空に舞い上がる姿は人々を魅了しスノーボードフアンは増えたのです。

王者ショーン・ホワイト&平野歩夢

オリンピック平昌でスノーボード界のカリスマと呼ばれた王者と平野歩夢は技を競い合いました、ジョーン・ホワイトはさすがに凄さを感じさせたのです、王者の作戦は順番を平野歩夢の後に滑走する位置をキープする作戦を考え正に思惑通りジョーン・ホワイトが平野歩夢の後に滑走したのです。

作戦が王者ショーン・ホワイトに金メダル獲得をもたらしたと言われています、カリスマの王者と言われるショーン・ホワイトは作戦に有るのかもしれないと言われました、平野歩夢の後の滑走が平野歩夢に3度目の滑走にプレシャーを与えたのです、平野歩夢は更なる大技「ダブルコーク1440」にプラスを仕掛けたのです。

平野歩夢の得点は95.25王者ジョーン・ホワイトは平野歩夢得点を超えなければと考えて「ダブルコーク1440」プラス技を出したのです、王者ジョーン・ホワイトの作戦がはまりスノーボード男子ハーフパイプ決勝は王者ジョーン・ホワイトに勝利をもたらしたのです、平野歩夢は果敢に攻めました、その感動は今も忘れられない光景です。

平野歩夢のコメントがいさぎ良かった

「前回も銀メダルで金を目指すために4年間やってきた、悔しさは有るができる範囲で全力でやれたと素直に思う王者との戦いは楽しかった、最後の3人争って順番もすごい良い並びというか、今までで一番の大会だったんじゃないかと思う」とコメントしたのです「順番もすごい良い並びというか」の部分のコメントがいさぎ良い平野歩夢を感じさせたのです。

平野歩夢「二刀流」東京オリンピック

「二刀流」挑戦を表明したのは2018年11月平昌冬季オリンピックを終え、幼い頃から慣れ親しんできたスケートボードで今度は東京五輪出場を目指すことを宣言したのです、「五輪の正式種目のスケートボードをスルーするわけにはいかない」と平野歩夢は「二刀流」宣言をしたのです。

スノーボードで磨いたエアの高さと空中感覚の良さを、スケートボードでも発揮し、2019年3月には「パーク」日本オープンに出場、小学校低学年以来となるスケートボード大会だったが、高さのある安定したトリックを披露して3位、同年5月には地元の新潟・村上市で行われた日本選手権で初の日本一に輝く。

新型コロナウイルスの影響で五輪1年延期となっても、東京へ向かう気持ちは変わらなかったのです、今年4月にスノーボードの全日本選手権ハーフパイプに出場し、その際に22年北京冬季まで1年を切る中で本職との両立することへの難しさを感じながら、「この両立を目指しているきっかけは、自分しかたどれない道に進んでいきたいから」と説明し、さらに「何とかそこも目指していきたい気持ちは変わらない」と胸を張り語りました、もう少しで東京五輪の平野歩夢の「二刀流」の姿が見れます。

おわりに

平野歩夢の平昌決勝「ダブルコーク1440」は宇宙から来たスノーボーダーと呼ばれました、当日スノーボーの王者ショーン・ホワイトの戦いは忘れられません、スノーボーフアンは今も語っています、その平野歩夢が東京オリンピックでスケートボードで姿を見せる、正に「二刀流」スノーボー界も若い世代に突入した、平野歩夢はどこまで戦えるのか期待している。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です