大谷翔平オールスター二刀流と品格はアメリカ人を驚かせた!

大谷翔平の行動と品格

大谷翔平の1回オールスターのマウンド

アメリカ人フアンを含め日本人フアンは大谷翔平はアウトを取れるのか不安な気持ちで迎えたが、先頭バッターのタティス(パドレス)にはカットボールで平凡なレフトフライ、2番マンシー(ドジャース)は97マイル(約155キロ)のフォーシームで二ゴロで打ち取る。

3番アレナド(カージナルス)は100マイル(約160キロ)のフォーシームを交えて最後はスプリットで遊ゴロで三者凡退で投げ終えフアンを驚かせた、二刀流は二回のマウンドには立たなかった、大谷翔平の三者凡退でフアンは安心したようです、大谷翔平のフアンは日米を問わず多いいのですなぜなら彼の行動と品格があまりにも良いのです。

得別ルールで大谷翔平が指名打者

メジャーリーグの特別ルールの適用で投手から指名打者に戻った大谷翔平は、三回1死走者なしの第2打席で、2番手投手バーン(ブルワーズ)の初球カットボールを引っ掛け一ゴロになったのです。

直後に本塁打王を争う2番ゲレロ(ブルージェイズ)が大谷翔平の目の前で140メートル弾を左翼に叩き込んだのです、五回の打席では代打を送られ、大谷の初めてのオールスター戦は終わりました、大谷翔平の二刀流と品格はアニメのようにアメリカ人や日本人フアンを魅了したのです。

アメリカで愛される大谷翔平

2016年に米野球殿堂入りした「グリフィーJr.氏」も大谷翔平のフアン?アメリカの人気番組米TV局「ESPN」「スポーツセンター」は、ホームランダービーに臨む直前の大谷をなんと「グリフィーJr.氏」が撮影している動画を公開、ファンは「一流が一流に敬意を示す」「最高にも程がある」「これは最高の瞬間だった」「本物は本物を知る」「撮った写真を見たい」「『史上最高』が『史上最高』の姿を写真に収める」「気に入った」「ケン・グリフィーJr」が文字通り大谷の一番のファンだったとは」「これは素敵」「鳥肌」とコメントを寄せたのです。

大谷翔平の日常的な野球に取り組む姿勢と品格を「ケン・グリフィーJr」も大きく評価した要です、打者大谷翔平の二刀流のみでは愛されないでしょう、大谷翔平の日常の行動から学ぶことが多いいことに気づいたのはアメリカも日本人も同じようです。

謝罪に至った人気コメンテーター

メジャーリーグの大谷翔平のパフォーマンスに注目が集まり大谷翔平に意見する人物がいた、他ならぬ「ESPN」のジェフ・パッサン記者だ、大谷翔平の評価はアメリカでも高まっている中ジェフ・パッサン記者がつぶやいた「『野球界の顔』とされる選手が通訳を必要とするような人物なんてね、正直、球団の売り上げの助けにはならないと思う。なぜなら、本人の言動を周りが完璧に理解できないからだ」

自身のツイッターで発信したのです、このジェフ・パッサン記者のツイートが炎上した、率直な歯に衣着せぬ発言が一部で人気を博してきたスミス氏にとっては、番組を盛り上げるための、ある種のパフォーマンスの一環だったのかもしれないがだが、今回の行き過ぎた発言はバッシングの対象となり、ついには「私はもっと言動に敏感であるべきだった。この責任はすべて私にある」と謝罪に至ったのです。

更に同氏は、自身のツイッターで発信した謝罪のなかで「ショウヘイ・オオタニはありとあらゆるスポーツのなかでも、もっとも素晴らしいスターのひとりだ」と認め、「彼はこの世の中に変化を起こす人物であり、その変化にはインクルーシブさやリーダーシップが備わっている。私はそのことを賞賛すべきだった」とも記したのです、このジェフ・パッサン記者の変化も大谷翔平の行動と品格の良さを認めざるを得なかったようです。

まとめ

大谷翔平の二刀流はアメリカメジャーリーグでは得別ルールで造られた、投手と打者でメジャーリーグで活躍しているが大谷翔平の良いところは行動の品格と思われます、当然の如く練習をする姿は見えないが見えないところで身体を鍛えているに違いない、日本からメジャーリーグに移籍した時期と現代ではあまりにも身体能力が凄い、更に彼がアメリカで愛されるのは行動と品格と思われます。

2016年に米野球殿堂入りした「グリフィーJr.氏」が大谷翔平のフアンも行動と品格なのだろう。ジェフ・パッサン記者が大谷翔平の通訳問題でツイッターが炎上した、その後ジェフ・パッサン記者は大谷翔平を絶賛した、アメリカで子供の教育に大谷翔平の行動と品格が話題になっいると聞いた、確かに彼は真面目で最高のアスリートの一人なのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です