五輪真弓が聴かせる恋人よに鳥肌!

五輪真弓の恋人

昭和の大匕ット曲「恋人よ」は当時の青春時代の人々の心に刺さつた曲の1部分にある「♪

  • この別れ話を笑つて欲しい」この曲の部分に涙がとまらないと私達は聴いているかも!「恋人よ」は秘められた裏切の叫びなのか、胸の奥に刺さり気づけば青春時代を思い出し涙がこぼれる絶唱曲とは?この「恋人よ」だ。

「恋人よ」ありがとう

五輪真と弓は70年代音楽活動の方向をヨ-ロツパのスタイルに転換させた、生まれたのが80年「恋人よ」だ、発表すると大ヒットした、80年代春時代を楽しんだ私達も今は中高年層「今年亡くなりました、父の好きな曲でした」ありがとうなどのコメントが寄せられている、♪枯れ葉散る夕暮れは…で始まると鳥肌がたつ、更に五輪真弓の声量に圧倒される、若者世代は(やばい)と言い出す良うです。

シンガ−ソングライター五輪真弓

1950年1月24東京生まれ72年「少女」デビ−する、キャロル−キングがレコーデングに参加「話制キャロル」と呼ばれた、1980年五輪真弓は「恋人よ」を世にだした、当時の車のラジオから流れる「恋人よ」を始めて聴いたことを覚えている、青春時代の忘れられない曲なのです、心に刺さる曲とはこの要な鳥肌がたつ曲ではないでしよか。

おわりに

五輪真弓シンガ−ソングライターは1980年「恋人よ」を発票した、またたく間に大ヒットした、この曲「恋人よ」に令和の今ありがとうの声が多く聞こえる、若者世代は(やばい)と言い聴いていると言われています、若者たちにも昭和の名曲「恋人よ」は心に刺さり鳥肌がたつのかもしれません。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です