青江三奈の伊勢佐木町ブルースは生歌はと聴けない!

青江三奈は2000年7月2日天国に召された59歳だった。

青江三奈1966年「恍惚のブルース」がヒット80万枚を売り上げメジャーデビューした。

伊勢佐木町ブルースは第10レコード大賞と第1回有線大賞スター賞を受けブルースの女王の地位を確立した。

残念無念だが今は青江三奈の生歌の伊勢佐木町ブルースは聴けない、青江三奈はご当地ソングを歌った、「池袋の夜」はいまだに人気ソングだ。

紅白歌合戦の伊勢佐木町ブルース

NHKは困る伊勢佐木町ブルースの始めフレ-ズだ「ああん」で始まる、NHkはこの「ああん」をトランペットでカバーした、伊勢佐木町ブルースは「ああん」で始まるのが定番だがトランペットの登場にはガツカリ

したことを記憶している、NHKも苦渋の選択だつたようだ。

ため息路線

1966年代伊勢佐木町ブルースを歌う青江三奈や盛り場ソングを歌う森進一はため息路線の歌手と言われた、今時代はアイドルの時代だがため息路線と言われた青江三奈は輝いていた、たが青江三奈は永遠にいない彼女の生歌は聴けないのだ、せめてもの慰め青江三奈の歌手時代の動画を聞こう。

青江三奈の性格

今は永遠に聞けない青江三奈の生歌だが彼女の性格は人間嫌いだつたようです、孤独を愛し自然を好み芸術家と言われています、59歳と若さで召された青江三奈したい事は沢山有ったはず可哀想な青江三奈だ。

おわりに

青江三奈1941年5月7日生まれ、高校時代に銀座のクラブのステージに立つ、西武百貨店に勤務したが歌手を諦められずクラブ歌手、彼女の運命を変えた1966年恍惚のブルースでメジャー、伊勢佐木町ブルースでブルースの女王と言われました。

伊勢佐木町ブルースの生歌は聞けません、彼女の残した動画を楽しみましよう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です