岩崎宏美の「思春期」が泣ける

思春期を思い出す

岩崎宏美の思春期を聴くとその時代を思い出し涙が出る、安久悠さんの作詞と三木たかしのコンビで生まれた「青春期」を岩崎宏美が絶対的な歌唱力で歌う、岩崎宏美は日本歌謡界では最も歌唱力の有る歌手と言われている、その岩崎宏美が「青春期」を聴かせると時代と重ね懐かく涙がこぼれることが有る。

青春は壊れもの

青春時代は誰しも経験している、楽しかつたことや苦しんだことが甦る、初恋にただ終わった恋、思春期で「好きです」とも言えず苦しんだ日々も有つた、友人関係で悩む日々も有った、正に青春は壊れる、時は流れる、思春期は懐かしい。

岩崎宏美とコロッケ

岩崎宏美には「思春期」と違う曲「シンデレラハネ厶-ン」と言われる曲が有る、岩崎宏美は大事な曲だがモノマネタレントのコロッケが歌い始めた、有るコンサートツアーで岩崎宏美が「シンデデラハネム−」を歌うと客席から笑が起きた、モノマネタレントのコロッケが盛んに歌つていたのです、「思春期」の要な曲はコロッケは歌はないがボップス系の曲はコロッケは歌う、岩崎宏美は「この曲あなたにあげる」と言った逸話があるのです。

おはりに

岩崎宏美の「思春期」を紹介しました、音程は全く狂わない、日本歌謡界の宝、「聖母たちのララバイ」も素晴らしい曲です、岩崎宏美は東京都出身、妹は岩崎良美が活動しています、妹岩崎良美はモノマネタレントのコロッケに「ぜんぜん姐に似ていない」言ったそうです、「思春期」を聴いて下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です