群青とブルーインパレス

紫と深い青

群青は紫がかかつた深い青を言う谷村新司は群青を第二次世界大戦の特別攻撃隊「特攻隊」を曲にした、作詞も作曲も谷村新司が手掛けた、谷村新司は群青と言われる色を「神風特攻隊」重ねた、平和な今ブルーインパレスが群青の空を飛んている。

特別攻撃隊

神風特攻隊とも言われ書籍、映画で私達は観るが、谷村新司の特別攻撃隊の曲は郡青意外あまり知らない。1947年4月2日知覧陸軍飛行場より戦闘「隼」が飛び立つた神風特攻隊の出撃です。

見送る「なでしこ隊」

特別攻撃隊が知覧飛行場を飛び立つた「隼」は帰りの燃料はありません、特別攻撃隊は「なでしこ隊」に戦闘機から手を振り出撃したのです「青春時代」を戦争で過ごした若者達は国の為と自ら神風と成り「紫みがかつた深い青」の空と海に「群青」に消えたのです。

「隼」に雪

特別攻撃隊「隼」に雪が降り注いでいたのだろか、特別攻撃隊は神風特攻隊と言われました、雪は降り注いでいたのだろ、見送る「なでしこ隊」にも雪は降り積もたか、戦闘機「隼」は笑いながら手を振り群青に消えただろう、「なでしこ隊」は泣いていたのだろ、想像すらつかない当時の知覧飛行場、神に成ったのか「神風特攻隊」国の為に特別攻撃を遂行した当時の若者が悲し過ぎるのだ。

おわりに

第二次世界大戦の日本は追い詰められた、敵空母に体当を意にする、「大臣をもっても1億国民を救えない1億国民に代はり神風の皆に願う成功を祈る、自分の体当は無駄だったか知りたいだろが知らせることはできない見届けることはできる、安心して行ってくれ頼む」この会話を残し郡青の空に散ったのです、東京の空に五輪の輪を広げたブルーレイパレス、日本の平和の陰に神風特攻がいたこと忘れてはいけない。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です