野々村芳和jリ−グチヤマン歳年少6代目に期待!

野々村芳和jリ−グチヤマン内定

日本 jリーグ1993年川淵チェアマンを柱に開幕した川淵チェアマンは地域密着型「ドイツ式」めざし企業広告を排除した代表的なチームは読売サッカークラブや日産自動車、全日空、トヨタ自動車、マツダ自動車などだ読売クラブにはブラジル帰りの三浦カズ、ラモス、北沢、武田選手などが1億円プレーヤーとし活躍していた、川淵チェアマンはサッカークラブ経営を重視し企業名を排除したサッカーに力を注いでいた読売ナベツネ社長は「企業サポーターもいいではないかと反論した」地域密着型を唱える初代チェアマン川淵三郎は自ら掲げるスポーツ理念は地域密着と譲らなかった。

結果企業は撤退

企業様はメリットはないと完全ではないが撤退を決めた、市民及び地域密着型サッカーチームは成功したに思えるが悲惨なのは選手だったのだプロ野球とは全く違い jリーグサッカー選手は契約金はない更に一年で首を切られる選手も多くいた、野々村真神新チェアマンに望むのは選手の少しばかりの配慮だ契約金もない jリーグ選手はプロ野球とは全く違い次の就職の仕組みは全くない2000万とも3000万とも言われるチェアマンの報酬そしてサッカー協会の体質は全く変わっていない毎年引退する選手の居所はありませんサッカー協会には長老が居座っているからです。

サッカー選手は実力と運

サッカーは監督の好みが多く左右する陸上競技や水泳と違い記録は目には出ないこれも問題であるサッカー選手には運がいる今多くの子供が jリーグのサッカー選手を目指し頑張っているしかしながら多くの子供達はわずか数年で去ることになるだろうそこで改めて言いたい新チェアマンにはクラブ経営のみなら選手たちの引退後のサポートを手を願いたい。

おわりに

jリ−グは確実にレベルアップした、ド−ハの悲劇も見た、現在日本サッカーはワ−ルドカップ出場はあたり前ですがベスト4は難しいjリ−グメンバ−と海外組が別れている海外組は試合出場が少ないのです、だが破格の年俸を求め海外に渡るjリグメンバーのみでワ−ルドカツプ出場出きれば根本的に日本サッカーは変わる。

Follow me!