ビジネスマン紹介は自社社員が先なのかお客様が先なのか

オフイスに突然取引先のお客様が尋ねて来ました、あいにく当社のビジネス担当者は留守で同じ職場の女性パートナーが面会する事になりました、会社の上司が見かねて同席してくれる事になりました、お客様と上司は面識はありません女性パートナーは大失敗をしたのです、その失敗はお客様を先に紹介したのです。

ビジネスの常識は自社の上司を紹介が先

どうしてこの要な失敗を女子社員がしたのか、女子社員はお客が見えると先ずお茶を先にお客様にだしていました、そして紹介はいつもお客様から紹介していたのです、つまり慣れていたのです。

女性社員はいきなりお客様を「○○商事の○○様です」と先に同席した上司より先に紹介したのです、これでは上司にお客様を紹介する事になり順序が逆に成るのです、上司は「君私がごあいさつをしなければならないのに失礼だよ」と上司はその場で女性社員を注意したのです上司は知っていたのですビジネスの世界では紹介は自社の社員をまず最初に紹介することを。

どうしてこの要な失敗を女子社員がしたのか、女子社員はお客が見えるとまずお茶を先にお客様にだしていました、そして紹介はいつもお客様から紹介していたのです、つまり慣れていたのです。

紹介は先ず社員から

一般的では紹介は目下のものからが常識です、例えこちらの社長が相手でも紹介は「○○です」と紹介します、社長は入れません、その要にあいさつするのが常識です、例え相手の社員が平社員でもお客様です、その後相手の役別の上から紹介します順序の間違いは相手は不愉快にさせるのです、ちなみにあなたの家族と会社の社員の場合は家族を先に紹介します。

相手に好印象を与える位置

始めての相手に合う場合は遠く離れた位置よりも近づいた法が印象的と言われています、50cmくらいがベストです、あまり近づくのも失礼ですが50cm位で勇気を持ち近づくと意外と好印象を与えると言われています

おわり

最近ではお客様に対する挨拶や紹介がまったくできていない社員が多く見かけます、特に相手の紹介を先に、自社の社員が後で紹介している光景を見かけます、自分の会社の社長を○○社長と紹介しています、社長はださない名前だけが常識なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました