The entertainment world

京都の恋でブレークした渚ゆう子は存命していたのです

渚ゆう子は亡くなったと思っていたが存命されていたのです、渚ようこさん死去は間違いなかったのです。

渚ゆう子の「京都の恋」で70年「ザ・ベンチャーズ」が日本向けに作曲したのです。

70年代は学生運動が盛んな時代です、ゲバ棒を持ち暴れたい学生がベンチャーズのエレキギターと渚ゆう子の京都の恋でゲバ棒を捨ててエレキギターに持ち替えたと言われました。

渚ゆう子は24歳の時大阪から東京に、これが最後とレコーディングに臨んだと言われています、ところが当時は有線放送が盛んな時代でした、渚ゆう子の京都の恋がベンチャーズのエレキギターに乗りたちまち京都の恋が大ヒットしたのです、ベンチャーズも一時期の人気が薄れていたが日本で復活したのです。

作詞:WILSON DON作曲:WILSON DON発売:2006-02-03 15:13:34

風の噂を信じて 今日からは
あなたと別れ 傷ついて
旅に出かけて 来たの
わたしの心に 鐘が鳴る
白い京都に 雨が降る
うしろ姿の あの人は
今は帰らぬ 遠い人

涙みせたくないの 今日からは
一度はなれた 恋なんか
二度とはしたくない

このまま死んで しまいたい
白い京都に つつまれて

恋によごれた女は 明日から
白い京都の 片隅に
想い出をすてるの
想い出をすてるの

お嫁に行けない渚ゆう子

70年の秋には渚ゆう子のスケジュールはびっしりと成りとても婚約、結婚には行けない状況になってのです。

結果は恋人と別れたのです、京都の恋がヒットしなければ渚ゆう子の運命は大きく変わった要です、一時期は引退を考えていた渚ゆう子は「京都慕情」でもヒットし紅白歌合戦にも出演する歌手に成ったのです。

ちなみに京都の恋はレコードの売上は86万枚を記録したのです、 恋人とも別れ、その後オフのない日々が3年近く続き「異常低血圧症」と言われる病気にかかりステージに上がる前は血圧を上げないと歌えなかったと言われています。

別れた恋人と再会

別れた恋人と再会しました、08年の事です老後を一緒にと約束しあったと言われています、渚ゆう子はドラマの要な人生を生きています、よく再会出来たものですね。

再会には時間が永が過ぎましたが、今は恋人といつも一緒に生きているとか、良かったですね、まったくテレビでは見えない渚ゆう子ですが是非一度見たいと思う次第です。

まとめ

渚ゆう子は生きていたのです、亡くなったのは渚ようこさんでした「ご冥福をお祈りします」さて渚ゆう子はエレキギターのベンチャーズとコラボ京都の恋が大ヒットしお嫁入りはできなかったのですが運命は渚ゆう子に傾き今は幸に暮らされています。

数十年を経過し当時の運命の人「別れた恋人との再会」は渚ゆう子はやはり運気があったのでしょうか分からないのが人生ですね、頑張るのが大じと感じる次第です。

スポンサーリンク
Legendo派遣社員末吉ブログ

コメント