sporting news

16歳超人サマーマッキントッシュ!波乱の400m自由形決戦

世界水泳福岡(テレビ朝日系で中継)は23日、競泳の女子400メートル自由形決勝でアリアン・ティットマス(オーストラリア)が3分55秒38の世界新記録を出し、優勝した。

2位はK.レデッキー(米国)で3分58秒73、3位はE.フェアウェザー(ニュージーランド)で3分59秒59。

世界記録保持者のサマー・マッキントッシュ(カナダ)は3分59秒94で4位に終わった。

サマー・マッキントッシュ

世界が注目の16歳サマー・マッキントッシュはメダルを逃す

世界記録保持者として臨んだ16歳サマー・マッキントッシは後半に伸びきれずに3分59秒94、序盤から先頭をいった東京五輪金メダルのティットマス(オーストラリア)に引き離された。

さらに3月に自身が樹立した世界記録を0秒70更新される3分55秒38をマークされた、今大会の世界新記録第1号を目の前で見る形となった。

サマー・マッキントッシはカナダのハイパフォーマンスセンターに所属し、主に自由形・バタフライ・個人メドレーで活躍していますが、サマーマッキントッシュ選手は16歳(2023年7月20日現在)ながらも、競泳競技において、ヤバすぎる経歴を持っている選手です。

マッキントッシュは水泳界の新スパース

昨年大会で200メートルバタフライ、400メートル個人メドレーの2冠を手にし、今年も世界新記録を連発してきた。

1984年ロサンゼルス五輪に出場した母ジルさんのもと、乗馬、フィギュアスケート、サッカーなど複数競技に取り組み、最終的には母と同じ競泳を選んだ。

171センチの長身を生かしたダイナミックな泳ぎで、水泳界の新スターとして今大会での活躍も期待されている。

世界水泳で世界新記録1号!

女子400m自由形ティットマスが3分55秒38でV、16歳超人マッキントッシュの記録を破る世界が注目する16歳、サマー・マッキントッシュ(カナダ)は今大会初の決勝を4位で終え、メダルを逃した。

世界記録保持者として臨んだが、後半に伸びきれずに3分59秒94。序盤から先頭をいった東京五輪金メダルのティットマス(オーストラリア)に引き離され、さらに3月に自身が樹立した世界記録を0秒70更新される3分55秒38をマークされ今大会の世界新記録第1号を目の前で見る形となった。

まとめ

世界水泳福岡での女子400m自由形決勝は、アリアン・ティットマス(オーストラリア)の圧倒的な走りで3分55秒38の世界新記録が生まれました。

一方16歳のカナダ代表サマー・マッキントッシュは3分59秒94で4位に終わり、メダルを逃しましたがマッキントッシュの若さと今大会での活躍は世界水泳界に新たなスター誕生の兆しを見せています。

水泳ファンは今後のマッキントッシュの活躍に注目していることでしょう、マッキントッシュは世界水泳福岡の決勝で、オーストラリアのアリアン・ティットマスやアメリカのK.レデッキーなどの強力な競争相手と対戦しました。

競泳はタイム差が極めて小さいスポーツであり、トップのレベルの選手たちとのわずかな差が順位に影響を与えることがあります。

サマー・マッキントッシュ選手に疲労体調不良なのか?競泳選手は長時間の練習や試合により疲労を蓄積することがあり大会期間中の疲労や体調の変化が、競技のパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。

サマー・マッキントッシュ選手のレース戦略の失敗なのか? 競泳においてはレース戦略が非常に重要です、適切なタイミングでのスピードアップやスタミナのコントロールが求められます、戦略的なミスや反応の遅れが結果に影響を与えることがあります。

サマー・マッキントッシュはプレッシャーなのか?大会や世界記録保持者としての期待によるプレッシャーが、選手の心理面に影響を与えることがあります、プレッシャーにより集中力が低下し、パフォーマンスに影響が出る場合があります。

サマー・マッキントッシュ選手のトレーニングの不足なのか ?大会前のトレーニングの質や量が適切でなかった場合、競技において最適なパフォーマンスを発揮することが難しくなります。

競技においてはさまざまな要素が組み合わさり、結果が形成されます。サマーマッキントッシュが負けた具体的な理由は公式の情報がないために確定的なものではありませんが、上記の要因のいずれか、または複数が影響した可能性が考えられます。

スポンサーリンク
Legendo派遣社員末吉ブログ

コメント